日本の旅が大好きになった!初めての北海道旅行!!第2部

  • By 漫風 update
小樽オルゴール堂小樽オルゴール堂

車で、2時間半ほどで小樽に着きます。小樽運河が目に入ってきた瞬間、自分は本当に北海道に来ていると実感しました。JR快速で行くなら、新千歳空港から小樽駅まで約1時間15分。運河の周りにはいろいろなレストランやお店があります。

一番人気があるのは小樽オルゴール堂と北一硝子です。オルゴールとガラスコップはとても素敵で、つい買っちゃいました。上海の友人にはオルゴールをお土産に、自分にはガラスのコップです。少し歩き疲れたので、コーヒーを飲みたくなりました。北海道の乳製品はすごく有名です。ぜひ食べてみてくださいね。私の一番好きな銘菓店さんは「六花亭」です。チョコレートとビスケットの種類がいっぱいです。味はそんなに甘くなく大人の味で、すごくおいしいですよ。お店では、コーヒーとお茶がサービスで、一緒に注文したソフトクリームも最高でした。お土産の包装紙の絵柄も綺麗でとても上品です。結局お土産は全部ここで買ってしまいました。

ボタンエビボタンエビ

初日は札幌のHoliday Innに泊まりました。私は、IHGグループの会員なので、部屋をアップグレードしてくれました。このホテルのブッフェ朝食は美味しくて種類も多いし、夕張のメロンがすごく甘いです。晩御飯は現地で有名な居酒屋に行きました。焼いたアスパラガスが甘くておいしい、ボタンエビの味は、やはり上海とは違います。新鮮!牡蛎(かき)も最高でした。つい飲んでしまいました。札幌の地下通路には数件の薬局があります。値段はそんなに差がないので、どんどんお買い物をしたら良いと思います。
そして、札幌のテレビ塔にも登りました。展望台からの眺めは、とても綺麗な夜景でした。もしも、冬だったら、きっともっと美しかったでしょうね。

次に向かったのは、富良野のファーム富田です。初めてのラベンダー畑で、紫の絨毯が広がっているようでした。写真を何枚撮っても全然飽きません。ラベンダーホワイトチョコレートソフトクリームは、ぜひ、どうぞ!ここは、さすがに中国からの観光客がいっぱいです。みなさん、声がすごく大きい。。。

青池青池

北海道は、やっぱりカラフルですね。青池の色は静かで、言葉では表現にはできないぐらい驚きました。
「あの青」凄い!!途中池田ワイン城にも寄ってきました。ワイン城見学コースもありますので、時間があったらゆっくり見てください。結構面白いですよ。ワイン無料試飲コーナーでは、季節ごとのおすすめ十勝ワインをお楽しみください。
友達は運転するから、残念ですがお酒は禁止です。私一人でワインをenjoy,フフフ。

支笏湖支笏湖

北海道に来たらやっぱり温泉にも入らないと・・ですね。支笏洞爺国立公園にある、支笏湖丸駒温泉旅館は、大正4年(1915年)に開いた有名な宿です。支笏湖の湖畔でのドライブは、すごく気持ちがいいです。清らかで澄みきった支笏湖は、日本で最北端の不凍結湖です。あの赤い山線鉄橋を渡って、神秘的な雰囲気に満ちた湖面から遠くの恵庭岳を眺めると、湖上に霞がかかって、まるで仙人の住むところです。丸駒の温泉と美味しい食事やサービスのおかげで、連日の疲れが取れました。畳の香りと布団での睡眠は最高です。ぐっすり眠れました。

もし知らない人と一緒に温泉に入るのが苦手だったら、貸切り風呂もありますので、予約したらいかがでしょうか?1回の利用は無料になりますよ。受付で鍵をもらって、入ってみると、中は結構広く、陶器でできた丸い浴槽がありました。もちろんシャンプーなども用意してあります。冷たい飲み水もあります。ドアをロックして、ゆっくりenjoyしてくださいね。時間は全然大丈夫ですよ、ご心配なく、温泉が熱いですから、そんなに長くは耐えられないですからね。

かにかに

支笏湖から札幌空港までは車で約1時間程度ですので、旅の最後はここにしたらどうでしょうか。荷物を片付けて、空港に向かいます。ANAで東京経由はおススメです。東京に行っていっぱいショッピングをしたいですから。飛行機のチケット代は税込で日本円10800円です!またお得ですよ。早めに札幌空港に行った方が価値がありますよ。国内線ターミナルにはいっぱい売り場があって、いろんなよい品がズラリと並び、御土産は何でもそろっている。ここも私の好きなスポットです。本当に新鮮な海鮮がいっぱいですが、残念、上海には持ち帰れないですね。まあ、搭乗まで、ここで満喫しましょう。

短い旅でしたが、サプライズはいっぱいでしたよ。「鹿が出る」という標識をよく見ましたが、車で山の中にある並木道を走っているとき、本当に一匹の鹿が飛びだしてきました!後、あの山から出るときには、今度は鷹が飛んできました、蛇を捕まえる鷹です!青池の駐車場では、小さい狐と出会いました。もし、熊に出合えたら、本当に全部揃いますね。実は2年後、私は一人でまた小樽に行ってきました。東京~小樽の日帰りで、本当に北海道が好きになりました。

北海道の旅は継続します。早春には「流氷観光」砕氷船に乗りたいですし、来年は、また青森の弘前の桜祭にも行きたいと考えているので、北海道から入って青森に行くという選択もありですね。3年前、とても勉強になったのは、楽しい旅のためには、事前準備がすごく重要だということです。なので、その後の旅行は全部自分で事前に調べたり、比較したり、必ず自分専用の旅行資料を作ります。もう癖になっているかも知れませんね。いろいろ準備をするときから、実は旅はもう始まっているのです。

次どこに行く?もうすぐ教えますから、待っててくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください