魅惑のリゾート地「軽井沢」その魅力にせまる!

美しい自然の中に佇むホテルグリーンプラザ軽井沢

長野県の東部に位置する軽井沢は、東京駅から長野新幹線を利用して1時間13分ほどでアクセスできる避暑地として古くから日本人に親しまれている。高原地帯にあるため、年間の平均気温は9度前後。夏場は30度を超える日もあるが、平均気温20度前後で同時期の都内に比べると比較的涼しい。それゆえに軽井沢は毎年850万人もの観光客が訪れる人気観光地スポットとなっている。

豊かな自然に囲まれた日本有数のリゾート地

宣教師アレキサンダー・クロフト・ショー氏が1886年に「豊かな自然を持つ軽井沢は避暑地としては最適だ」と内外の著名人に紹介したことがことの始まり。その2年後にショー氏は軽井沢第1号別荘で過ごしている。それ以降、数多くの別荘が建設され、明治中期には多くの著名人が宿泊した万平ホテル、有形重要文化財の旧三笠ホテルなどの西洋式のホテルが続々建てられた。こうして軽井沢は日本有数のリゾートとしてその地位を確立した。

軽井沢エリアは軽井沢駅を中心にショッピングモールなどの新型店舗が立ち並ぶ「新軽井沢エリア」、旧軽井沢銀座通りや別荘が林立する「旧軽井沢エリア」、星野温泉トンボの湯やハルニレテラスがある「中軽井沢エリア」、ミュージアムや文学館が集中する「南軽井沢エリア」、江戸時代に中山道と北国街道の分岐点として利用された「追分宿の分去れ」がある「西軽井沢エリア」、鬼押出しなどがある「北軽井沢エリア」の6つのグループにわけられる。

昔ながらの別荘が集まる旧軽井沢エリア

大勢の観光客が訪れる旧軽井沢銀座通り

観光客向けの店が立ち並ぶ旧軽井沢銀座通りは、中山道の宿場町である「軽井沢宿」として繁盛し、その後セレブ御用達の商店街として発展した。ここでは飲食店やブティック、お土産などのショッピングを楽しむことができる。夏の最盛期には大勢の観光客が訪れる定番観光スポットだ。

食べ歩きにはもってこいの「ぬれせんべい」

自然と温泉の宝庫の中軽井沢エリア

中軽井沢エリアの「ハルニレテラス」は星野リゾートが運営するショッピングプラザで、湯川の清流に寄り添うように自生していたハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、9棟のモダンな建物をウッドデッキでつなげ「小さな街」を形成している。丸山珈琲や蕎麦で有名な川上庵、木製品の我蘭憧など特色が強いお店が集結した女性に人気のオシャレスポットだ。この近辺には星野温泉、軽井沢高原教会や石の教会(内村鑑三記念堂)などがある。

星野リゾートが運営するハルニレテラス

上信越自動車道の碓氷軽井沢ICから車で北へ15分ほど走ると、新日本街路樹100景に選ばれた「三笠通りのからまつ並木」がある。1直線に並んだ巨大な木々の雄大さと、微かに溢れる木漏れ日は都会の生活で疲れた心を癒やしてくれる。

三笠通りのからまつ並木

峠の峰茶屋から白糸ハイランドウェイを旧軽井沢通りに向けて車を10分ほど走らせると、「白糸の滝」がその美しい姿を表す。この「白糸の滝」は湯川の源流で、高さ3メートル、幅70メートルの湾曲型の滝だ。流れ落ちる滝の水流が白糸のように見えることがその名の由来だ。透き通った清流が訪れる観光客に清涼感を与えている。白糸の滝の入り口にある売店の桃は、甘くて美味しいので購入してみてはいかがだろうか。

癒しスポットとして有名な「白糸の滝」

超絶品の桃

新軽井沢エリアには「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」がある。軽井沢駅南口の広大なエリアに展開するショッピングモールだ。ここは1年中多くの買い物客で賑わっている。お土産を買い忘れた人はここで補完しておくと便利だ。

多くの観光客で賑わう「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」

国立公園の中にあるホテル「ホテルグリーンプラザ軽井沢」

上信越自動車道の碓氷軽井沢ICから車で1時間程度のところに「軽井沢プリンスランド」がある。浅間山の裾野に広がる100万㎡もの広大な敷地に森や小川、ホテル、ゴルフ場、遊園地、教会、テニスコート、レイクサイドショップなどが充実している複合リゾートだ。

100万㎡の広大な土地に展開された複合リゾート「軽井沢プリンスランド」

ホテルグリーンプラザ軽井沢は標高1,140メートルもの高度にあるため、年間平均気温が10度以下で夏でも快適にすごせる。ホテル周辺は全国的にも貴重なアズマシャクナゲや水芭蕉、群馬の県花であるレンゲツツジなどの高原特有の花々や、植物などの宝庫だ。またその豊かな自然はシジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラなどの野鳥たちが集まる場所でもある。

ホテルグリーンプラザ軽井沢

ホテルグリーンプラザ軽井沢はメイン館、コネクション館、リゾート館レスパ、プリンセスコート、アネックス、「わんわんVILLAGE」、ドッグホテル「ペッドリーム」から構成されている。

ホテルの部屋は和のくつろぎと洋の機能性を兼ね備えた和洋室をはじめ、広めの畳部屋があるメゾネット、ゲームやパズル、ミニカー、ままごとセットなど20種類以上のおもちゃを用意した「お部屋で遊べるルーム」、広々なベッドやベビー用製品を豊富に取り揃えた「赤ちゃんプラン専用ルーム」、その上位バージョンである「赤ちゃんプランハピネスルーム」、妊婦さんに優しい「マタニティー専用ルーム」、軽井沢高原リゾートをちょっと贅沢に過ごしたい方にピッタリな「ハリウッドツイン洋室」など目的別に様々な宿泊プランを用意している。

和のくつろぎと洋の機能性を兼ね備えた和洋室

赤ちゃんプラン専用ルーム

グリーンプラザ軽井沢はその広大な土地を利用して、飼い犬と一緒に宿泊できる「わんわんVILLAGE」を用意している。これはペットも家族の一員と考える顧客の要望を叶えたコテージだ。ワンちゃんと一緒に入れるカフェ・アリスや、足洗い場が隣接している。また、ドッグホテル「ペッドリーム」も用意しているので、一緒に行動できない場合でも安心して旅行を満喫することができる。

ペット用のケージを完備した「わんわんVILLAGE」

小さな子供連れの方は「キッズプレイルーム」で遊ぶことができる。一般家庭にないような海外のめずらしい遊具を数多くとり揃えている。インバウンド需要は特に台湾の子供連れのリピート客が口コミ効果で年々増加しているそうだ。

小さな子供が安心して遊べる「キッズプレイルーム」

ベビー連れの方に嬉しい授乳室にはおむつ替え台や、ミルクを適温にできるお湯サービスなども充実している。

レストラン「プレジール」では、地元の高原野菜をはじめ、四季折々の新鮮な食材を利用した約70種類の特製料理をバイキング形式で提供している。また、ライブキッチンではリアルタイムに焼き上げる「若姫牛のステーキ」も人気サービスの一つとなっている。ステーキソースはトリュフソースかフォアグラソースの2種類を用意。また、「軽井沢プレミアム飲み放題のドリンク」は地元の日本酒「千曲錦」や、ワインの「プライベートメルロー」、地ビールの軽井沢高原ビールが飲み放題できる便利なチケットだ。他にもフレンチイタリアンのコースを提供する「セラヴィ」や、和食会席/しゃぶしゃぶ会席などを提供する「浅間」、別館のプリンセスコートのレストラン「白樺」など、顧客の好みに合わせて選択できるお店を数多く用意している。

四季折々の食材を使った特製料理

ライブキッチンでは焼き立ての若姫牛のステーキを提供

浅間山の地下1,600メートルから湧き出る奥軽井沢温泉「暁の湯」は、1分間に200リットルと、豊富な湧出量が自慢の温泉だ。泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)だ。この湯はミネラル分も豊富で、敏感な肌の子供や女性に優しいお風呂となっている。効能は筋肉もしくは関節の慢性的な痛み、冷え性、胃腸機能などの低下などに適している。1度に120名を収容できる大浴場と、露天岩風呂、露天檜湯、洞窟風呂、サウナなどが日頃の疲れを癒やしてくれる。露天風呂は秋には紅葉、冬には雪見風呂など四季折々の楽しみ方が可能だ。また、夜空に浮かぶ満天の星空を眺めながら入る露天風呂は格別だ。

奥軽井沢温泉「暁の湯」

檜露天風呂

ホテルに訪れたらその疲れを癒すために足湯「チューダーの湯」にはいることをおすすめする。源泉かけ流しの足湯は、旅の疲れを即座に癒やしてくれるだろう。

足湯「チューダーの湯」

中庭に望むティーラウンジ「らいらっく」ではシジュウカラやヤマガラなどの野鳥を観察しながらティータイムを楽しむことができる。

中庭に望むティーラウンジ「らいらっく」

グリーンプラザ軽井沢の中庭には夏には眩いばかりの深緑を楽しめる妖精たちの森がある。精霊が宿ると語り継がれていているこの森では、森林セラピーにも適している。また、メイン館の「Fairy Shop」では妖精に関連するイギリス直輸入グッズなどを数多く取り揃えている。

妖精たちの森

妖精に関連する輸入グッズを販売する「Fairy Shop」

ホテル敷地内にある「欧州雑貨店(カシュカシュ)」はヨーロッパ直輸入の女性が好みそうな商品を数多く取り揃えている。ここでは1年中クリスマスの関連商品も販売している。(冬季はクローズ)

欧州雑貨ハウス(カシュカシュ)

「軽井沢白樺高原教会」は外国人専任牧師による、厳粛な結婚式を執り行える教会だ。教会に隣接されたアネックス館では窓から差し込む優しい光に包まれながら、少人数で祝える会場が整備されている。また、白馬車を利用して自然があふれる森の中を周遊することで、結婚式の思い出に花をそえることができる。

豊かな自然の中で結婚式「軽井沢白樺高原教会」

敷地内の「軽井沢おもちゃ王国」では、幼少期から楽しめる大観覧車や、自分で運転できる「GOGOキッズトレイン」をはじめとする14種類のアトラクションをお子さんと一緒に楽しむことができる。また、20種類のアスレチックが楽しめる「わくわく大冒険の森」や、渓流釣り体験など自然を利用した施設も充実している。フリーパスがついた宿泊プランも提供している。

おもちゃのお部屋11館、アスレチック体験、14種類のアトラクションを楽しめる「軽井沢おもちゃ王国」

「プリンスランドゴルフクラブ」は、標高1,140メートルの高原リゾートコースでゴルフを満喫できる。初心者から上級者から楽しめるゴルフコースは、ゴルフカートで自由に移動できる。お得なゴルフ宿泊プランも提供している。

爽快ゴルフを楽しめる「プリンスランドゴルフクラブ」

ホテルグリーンプラザ軽井沢から車で5分の場所に、天明3年(1783年)の浅間山の大噴火で排出された溶岩石が作り出した「鬼押出し」がある。その地獄のような風景は一見の価値がある。

ホテルグリーンプラザ軽井沢の営業企画マネージャーである石渡健太氏は、このホテルの特徴を次のように語る。「当ホテルは赤い三角屋根のチューダー様式をモチーフにしています。標高1,140メートルの上信越高原国立公園の中にあるため、自然豊かなホテルとなっております。そして100万㎡もある広大な敷地の中にはゴルフ場や、教会、テニスコートなど様々な施設があります。その中でもおもちゃ王国は特にファミリーの方に人気がありますので、小さなお子様連れのお客様が多いのが特徴です。また、女性のお客様におすすめなのが奥軽井沢温泉暁の湯です。ここは女性の肌に優しいお風呂となっております。さらに、夏の間は8時半からガイド付きの自然ガイドツアーを開催していますので、お近くをお寄りの際には是非お越しください。」

ホテルグリーンプラザ軽井沢の営業企画マネージャー 石渡 健太氏(写真右)

初期の軽井沢はキリスト教徒が多かったため、彼らの「清く美しく」という気高い精神は軽井沢町の人々に脈々と受け継がれ、訪れる観光客へのおもてなしの心に反映されていると感じた。

@japanではモデル鷹森ミズハさんをメインレポーターに迎えて、「グリーンプラザ軽井沢」の様子を動画で紹介いたします。

ホテルグリーンプラザ軽井沢
〒377-1512
群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
ご予約
0570-091-489 全日9:30~21:00

旧軽井沢銀座通り
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢旧軽井沢541

軽井沢 白糸の滝
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉小瀬

【参考サイト】
軽井沢町公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください