もんじゃ焼き

もんじゃ焼きもんじゃ焼き

東京、月島にはもんじゃ焼きという変わった食べ物があります。日本でも、もんじゃ焼きのお店があるのは東京月島などの下町、関東の一部の地方のみです。なので日本人にとってもめずらしい食べ物であるといえます。

もんじゃ焼きは小麦粉が主な材料で具は牛肉、豚肉、エビ、イカ、明太子、チーズ、キャベツ、ニラなど様々ものを入れます。

全国的に食べられている「お好み焼き」に似ていますが、食べ方が全く違います。

まず具だけ先に鉄板に入れ焼き、「土手」を作ります。土手の中に汁を入れ焼き上げていきます。

作ったり、食べたりする道具は「箸」ではなく「コテ」になります。食感はネバネバした部分と、焦げた部分はカリカリしており一度食べるとやみつきになります。

東京月島には「もんじゃストリート」というもんじゃ焼き屋が約80件集まったスポットがあります。あなたも一度「もんじゃ焼き」を食べに行かれてはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください