絶景のオーシャンビューと美しい夕日が楽しめる「ホテルグリーンプラザ鴨川」

By 冨山 孝幸 update

千葉県房総半島の南端にある安房天津(あわあまつ)は、東京駅から外房線に乗車して1時間40分ほどの場所にある夕日の美しい海辺の街だ。車の場合は東京アクアラインから房総スカイラインを南下すると、1時間30分くらいで到着する。ここは九十九里浜、勝浦、小湊と並んで房総半島を代表する観光地となっている。また隣の駅の安房小湊(あわこみなと)は鎌倉時代に仏教を広めた日蓮宗の宗祖である日蓮聖人の誕生の地でもある。

かつての繁栄の跡が残る宿場町を歩く 町田忍の日本探訪 第2回「北千住」

By 冨山 孝幸 update

五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)を通る宿場町は人々の往来ともに、長い時間をかけて発展してきた。その中でも日本橋に近い4つの宿場町は、江戸四宿(内藤新宿、板橋宿、品川宿、千住宿)とも呼ばれ、江戸に出入りする重要な拠点として発展してきた街だ。今回はかつての繁栄が色濃く残る「北千住」の街を取り上げる。